Pマーク更新支援

プライバシーマークの更新を控えている企業様への支援サービス

プライバシーマーク 更新審査のポイント

更新審査のポイントは、
「JIS Q 15001:2006 個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」
で要求されている次のポイントを確実に実施し、その実施記録を
残すことです。貴社においては確実にできているか、
今一度、確認してみてはいかがでしょうか。

【教育】(Plan・Do)

 ・すべての従業者を対象とした定期的な教育がされていますか。
 ・新入社員、中途採用社員、パート・アルバイトなどの受入れの都度、教育がされていますか。
 ・実施したすべての教育に関する実施報告書等の記録が残されていますか。

【内部監査】(Plan・Check)

 ・すべての部門を対象とした個人情報保護に関する定期的な内部監査が実施されていますか。
 ・実施したすべての内部監査に関する実施報告書等の記録が残されていますか。

【代表者による見直し】(Act)

 ・個人情報保護に関する活動内容等について、定期的な代表者への報告が実施されていますか。
 ・代表者は報告内容を受けて、PMSの改善に関する指示をしていますか。
 ・代表者の見直しに関する議事録等の記録が残されていますか。

 上記については、「JIS Q 15001:2006 個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」における絶対の要求であり、
実施及び記録の保管は必須となります。
 更新申請する際には、申請書に教育・内部監査・代表者による見直しの実績を記述しなければならないので、
上記の教育・内部監査・代表者による見直しが実施されていないと申請書が記述できない事態に陥ります。

【その他】

 ・個人情報の保護状況に関する日常点検の実施。
 ・内部監査等で指摘された問題点に対する是正・予防処置の実施。
 ・保護すべき個人情報を管理している台帳等の定期的な見直しの実施。
 ・台帳等で管理されている個人情報の取扱い上のリスクの認識・対策検討の見直しの実施
 ・委託先の定期的な見直し など。

総括すると、「事業者のPMS文書に規定されている事項を確実に実施し、その記録を残しているか」ということです。

プライバシーマーク 更新支援サービス

更新支援期間中の定期的な活動についてもサポートします!
プライバシーマークの更新が完了するまでお付き合いいたします!
ISMS審査員の有資格者や経験豊富な者が担当します!

ステップ 期間 作業
準備 0.5ヶ月 PMS運用状況の確認(教育・内部監査・代表者による見直し・その他)
運用の不備に関する対応計画の策定
作業 3ヶ月 対応計画に基づく作業の実施
申請 1ヶ月 申請書類の作成
申請
書類審査 1ヶ月 書類審査
1ヶ月 書類審査対応
現地調査 現地審査
3ヶ月 現地審査指摘事項対応
更新認定 更新認定

※期間についてはおおよその目安です。お客様都合や審査 機関都合により変動することがあります。

支援内容、費用等についてはお打合せの上、決定させていただきます。
ご相談やお見積りについては無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

よくあるご質問

担当コンサルタントについて

Q.担当コンサルタントと相性が合わない場合、コンサルタントの変更は可能でしょうか?
A.可能です。担当コンサルタントと相性が悪いと感じたら、適宜ご連絡下さい。


Q.複数名のコンサルタントを割り当てていただくことは可能でしょうか?
A.費用面を考慮していただければ、複数名のコンサルタントを割り当てることは可能です。

コンサルティングの頻度・回数について

Q.担当コンサルタントが弊社を訪問される頻度はどのくらいですか?
A.基本は1週間に1回(2~3時間程度)を想定していますが、作業の内容等によっては2週間に1回程度になる場合があります。
  お客様の事情に合わせ、柔軟に調整いたします。


Q.担当コンサルタントが弊社を訪問される回数には制限がありますか?
A.回数制限はないので、「予定の訪問回数が終了したので今後はメール等でのやり取りのみになります」といったことはありません。
  ご安心下さい。

審査対応について

Q.更新申請に係る申請書の作成等について支援していただけるのでしょうか?
A.ご要望があれば、更新申請書のたたき台を作成いたします。


Q.審査で指摘があった場合、その指摘対応はしてもらえるのでしょうか?
A.もちろん指摘対応はいたします。

その他

Q.当社までの交通費は、支援サービスに係る金額とは別に請求されるのでしょうか?
A.首都圏であれば交通費はいただきません。首都圏外の場合は、原則、別途交通費をいただくということになりますが、
  相談の上、決定させていただきます。

Page Top