IT資産管理

IT機器の資産管理業務の効率化、機器利用状況の見える化を実現 DC VISOR

IT資産管理システム DCVISORの特長

実装機器の詳細情報を階層構造で管理し、必要な情報を素早く
 検索出力可能。
機器管理業務の効率化

ラックや電源のリソース利用状況を把握可能。
機器利用状況の見える化

機器の導入から廃棄までのライフサイクルを画面上で管理し、
 いつ・誰が・どのように変更したのか履歴を残すことが可能。
機器変更履歴の保持

IT資産管理システム DCVISORの特長

システム導入のメリット

フェーズ 問題点 メリット
新規機器導入時 ラックの空き状況確認や、
発熱予測,必要電力,ラック耐荷重計算をするのが大変。

機器利用状況の見える化

・ラックや電源系統のリソース利用状況を把握し、機器配置・使用の最適化を行う事が可能です。

IT資産管理システム導入のメリット1
機器の移動
レイアウト変更時
変更情報の記録が適切に行われず、
実態と台帳が一致しない

機器変更履歴の保持

・機器の導入から廃棄までのライフサイクルを画面上で管理し、いつ・誰が・どのように変更したのか履歴を残す事が可能です。

IT資産管理システム導入のメリット2
機器の棚卸時 機器や図面毎に管理がばらばらで、
必要な情報を探すのが大変。
複数のファイルから棚卸に必要な
情報を集め、リストを作成するのに手間がかかる。

機器管理業務の効率化

・フロア/ラックのレイアウト図、実装機器等の詳細情報を階層構造で管理し、必要な情報を素早く検索・出力可能です。

IT資産管理システム導入のメリット3

システムの機能

機器設置レイアウト・情報管理

フロア/ラックのレイアウト図、実装機器等の詳細情報を階層構造で管理し、必要な情報を素早く検索・出力可能です。

IT資産管理システムの機能 機器設置レイアウト・情報管理

機器・電源系統のキャパシティ管理

ラックや電源系統のリソース利用状況を把握し、機器配置・使用の最適化を行う事が可能です。

IT資産管理システムの機能 機器・電源系統のキャパシティ管理

機器の変更管理

機器の導入から廃棄までのライフサイクルを画面上で管理し、いつ・誰が・どのように変更したのか履歴を残す事が可能です。

IT資産管理システムの機能 機器の変更管理

管理対象データの階層構造管理

管理対象となるフロア・ラックレイアウト/機器情報は、外部へのExport、外部からImportが可能です。

IT資産管理システムの機能 管理対象データの階層構造管理

システム構成

IT資産管理システムの構成

システム要件

(1)データベースサーバ

スペック
OS: Windows Server 2008 R2以上
CPU: 2.4GHz以上のx64マルチコア
RAM: 2GB以上(推奨4GB以上)
HDD: 40GB以上(空き)
ソフトウェア
データベース: Microsoft SQL Server 2008 R2 以上
その他: Microsoft .Net Framework 4.0 以上

(2)運用クライアント

スペック
OS: Windows7/8.1 (32bit)
CPU: 2.8GHz以上のマルチコア
RAM: 2GB以上
HDD: 30GB以上(空き)
解像度: 1280×1024以上
ソフトウェア
管理ソフト: DC VISOR
Microsoft Visio 2013 Professional
(又はPremium)(※32bit)
Excel 2003以上
その他: Microsoft .Net Framework 4.0 以上

Page Top