スマートフォンでの入退室

スマートフォンを使ったより便利で安全な入退室 - HIDモバイルアクセス

1.HIDモバイルアクセス®の概要

スマートフォンの専用アプリに保存されたセキュアな入退室ID情報を用い、ICカードの代わりとして入退室が可能です。


(1)スマートフォンを使った入退室の特長・メリット

離れた場所からカードリーダで認証可能

  • カードリーダの読み取り距離が長く、離れた場所から認証して扉の解錠が可能です。
    (長距離モードでのカードリーダからの標準読取り距離:2m)
  • スマートフォンを使った入退室機能がONになるタイミングを選択可能です。
    (専用アプリを起動した時 or スマホのロックを解除した時 or 常時入退室機能ON)

ICカードの配布・回収等の管理が不要

  • 新社員入社時のカードの手配・配布、退職時のICカード回収等の管理が不要となり、カードの紛失・未回収等の危険性がなくなります。
  • 入退室IDは管理画面から発行できるため、カードの調達期間がなくなり、必要な時にすぐに入退室IDを発行可能です。

スマートフォンとカードリーダ間の高セキュリティなデータ通信

  • カードリーダとの通信はSeos技術とAES(高度暗号化標準)で保護されます。
    (Seos技術は最新の標準化暗号アルゴリズムを活用しており、究極のデータ保全性と優れたプライバシー保護を実現します。)

既存の入退室用ICカードと併用する事も可能

  • HID社のカードリーダはスマートフォンとICカードリーダの両方に対応しているため、社員の方はスマホ、ゲストの方はICカードといった併用運用も可能です。
     スマホを持っている方 :スマホで入退室
     スマホを持っていない方:ICカードで入退室

HID Mobile Access


スマートフォンでの入退室

(2)HIDモバイルIDのシステム構成


スマートフォンを使った入退室のシステム構成

(3)ID発行から入退室までの運用手順


スマートフォンを使った入退室のID発行から入退室までの運用手順

2.HIDモバイルアクセスの設置・導入例

入退室用ICカードの手配・配布・回収等の管理を効率化したいお客様や、 離れた距離から認証で入退室の利便性が増すお客様におすすめいたします。

  • オフィスビル
    - 事務室や会議室、共用エリアの入退室でICカードの代わりに
  • マンション
    - 共用エントランスの自動ドアや家の玄関の扉で住民用カードや鍵の代わりに
  • ホテル・宿泊施設
    - 予約したお客様へ鍵の引き渡しの代わりにする事で、渡した鍵の紛失の防止に
  • 教育機関・塾
    - 受講者が入室する教室の扉で、入室許可証の代わりに
  • 車のゲート
    - パーキングのゲートや、車通勤者の入場ゲートで専用カードの代わりに
  • 倉庫
    - フォークリフト搭乗者がシートシャッター通過の際に離れた場所からフリーハンドで
  • 等々
スマートフォンでの入退室の導入事例

3.HIDモバイルアクセスの製品仕様

読取り
距離:
(1)近距離:タップ動作:標準15cm
(端末をICカードの様にカードリーダにかざす動作)

(2)長距離:ツイスト&ゴー動作:標準2m
(端末をカードリーダに向けて90°横に傾ける動作)

 ※読取り距離は10m程度まで伸ばす事が可能です。
  但し、読み取り距離を標準値から変更する場合、
  カードリーダの設置環境や使用端末を踏まえ、
  最適値の調整が必要となります。
対応
デバイス:
iOS 7.0以上+Bluetooth 4.0
(iPhone, iPad, iPodTouch)

Android 4.3以上+Bluetooth 4.0
Android 4.4以上+NFC
(Google Nexus, Samsung Galaxy, Sony Xperia, HTC One)
対応
カード
リーダ:
HID iClass SE モバイル対応リーダ
カタログ:

HID Mobile Accessに対応したスマートフォン

スマートフォンでの入退室に対応したICカードリーダ

4.関連製品

入退室管理システム

  • 入退室管理システムCredoIDは各種ICカードが読み取り可能なHID iClassカードリーダや、様々な生体認証装置と接続可能で、オフィスやサーバー室等のエリアの重要度に合わせたセキュリティを構築可能です。
  • また、豊富な機能と柔軟なシステム設定で、会社のセキュリティポリシーに沿った入退室管理を構築できます。

入退室管理システムCredoIDの特長